和久田麻由子の生い立ち|実家がお金持ちでフランス人クオーター?

2019年に元駅伝選手で商社マンの男性と結婚された和久田麻由子さん。
NHKの看板アナウンサーとして活躍中です。

東大卒の美人アナウンサーとして将来を嘱望されている和久田麻由子さんは幼い頃、どこで暮らしどんな風に育ったのでしょうか?

幼少期に始まり学生時代をへて大学入学・NHK入社までを追いました。

広告

和久田麻由子の生い立ち|実家はお金持ち?

ニュースピクスより

和久田麻由子のプロフィール

和久田麻由子さんは、神奈川県横浜市で生まれ、川崎市で育ちました。

父親の仕事のため、
・2歳でアメリカのテキサス州ヒューストンに渡り
・5歳の時に帰国しています。

学歴
女子学院中学校
女子学院高等学校
東京大学経済学部卒

2011年、NHKに入社。岡山局を経て東京アナウンス室へ。
「おはよう日本」平日キャスター、「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」のナレーションを務めています。

父親や母親の職業が気になる

そんな和久田麻由子さんのお父様について、ネット上には大手企業の役員ではないかという情報が出ています。

確かにアメリカに仕事で赴任する職業というと、海外に支社をもつ大手企業や商社の幹部クラスのような気がします。

また、ヒューストンはNASAの宇宙センターがあったり、スイスの大手産業用ロボット会社が開発ハブを作っていたり、最先端技術が集まる場所でもあります。

大学教授や、技術者という可能性もあるかもしれませんね。

裕福なご家庭だろうことは想像できますね。

母親については、ほぼ情報が出ていませんが、専業主婦をされているのかもしれませんね。

和久田麻由子さんが中学生の頃の母親の思い出を語っています。

中学受験の日に母が持たせてくれたお弁当の味が忘れられません。
受験に「勝つ」ためにカツをおかずに入れるなどのアイディアもありましたが、
当日母が詰めてくれたのはいつものからあげと卵焼きでした。
私の緊張をほぐそうと、あえていつも通りのおかずにしてくれたそうです。
ほっとして午後の科目も乗り切ることができました。

娘さんの性格を理解したお母様なりの心遣いですね。

広告

和久田麻由子の生い立ち|フランス人クオーターって本当?

和久田麻由子さんの祖父がフランス人で、和久田麻由子さんはクオーターだという噂がありますが、真偽のほどは不明です。

クオーターと思われるのも納得のすっと鼻筋の通った美人さんですもんね。

和久田麻由子さんの祖父母は、静岡県の浜松市に在住されています。

和久田麻由子さんも幼い頃にお正月や春休み・夏休みとお休みのたびによく遊びに行った思い出があるそうです。

sky
祖父母の実家には、お祖父様が手入れしたお庭があったり、お兄様とよく行ったプールがあったりととても思い出深い地なんだって。

和久田麻由子の生い立ち|名門女子高から東大・NHKへ

オリコンニュースより

小学生時代のエピソード

和久田麻由子さんには小学生時代の可愛いエピソードがありました。

和久田麻由子さん、小学2年生の時、バレンタインデーに青い手編みのマフラーをプレゼントしたことがあるんだとか。

お母様かお祖母様が編み物が好きで小さい頃から見ていたのかもしれませんね。

中高は名門「女子学院」

和久田麻由子さんが通っていた中学・高校は「私立女子学院」ですが、こちらは女性アナウンサーへの近道とも言われる名門女子校と言われています。

例えば、

石橋亜紗アナウンサーは女子学院卒で慶大文学部卒。
合原明子アナウンサーも女子学院卒で東京外大卒。
馬場典子アナウンサーも女子学院卒で早稲田大学卒。

たくさんの卒業生がいます。

私立女子学院は、1980年創立の学校で、キリスト教プロテスタント系の学校で
桜蔭、雙葉と並び「女子御三家」と呼ばれる最難関校のひとつ

女子御三家の中では自由な校風で知られ、制服がなく校則も3つしかないとか。髪型も自由でピアスも化粧もOKなんだそうです。

sky
こういう自由な校風も個性豊かなたくましい女性アナウンサーをたくさん排出する要因なのかもね。
広告

和久田麻由子の高校時代

高校時代は、演劇部に所属していたという和久田麻由子さん。

高校2年生のときは、ブロードウェイミュージカル「Guys & Dolls」で男役を熱演。「私は衣装を担当していました。写真に写っている小道具なども、すべて自分たちの手作りです。演者としてステージに上がることもありましたが、改めて見直すと恥ずかしいですね(笑)」

和久田麻由子の大学時代(東京大学経済学部)

オリコンニュースより

和久田麻由子さんは東京大学経済学部時代はラクロス部に所属。トレーナーとして学生日本一を目指す日々を過ごしていました。

就活の時にも、朝練に参加してからスーツに着替え面接に向かうなど、熱心に部活動をされていたようです。

当時からとてもモテていたらしいですが、これだけ美人なら納得ですね!

和久田麻由子のNHK入社理由は?

文春オンラインより

「働くなら、社会の中で果たすべき明確な役割のある企業が良い」なぜなら「その中にいれば誇りを持って働き続けられる」から。

先輩たちの仕事 | NHK RECRUITING SITE

そんな思いで就職先を探していたという和久田由美子さん。

「NHKは、たとえ母数は少なくてもそこに強烈な需要があれば公共メディアとして伝えていく。」
「必要とする人へ、きちんと情報が届くように番組を制作しているところが素敵だなと思っていました。」

先輩たちの仕事 | NHK RECRUITING SITE

とNHK入社理由を語っています。

アナウンサーという職種を志望したのは、「ナレーションに興味があったから」だと答えています。

中学校〜高校の時に、英語の演劇部に所属していたという和久田麻由子さん。

全体のストーリーやそのなかで期待される役のイメージ、それを自分がどう想像し表現して、作品を少しでも良いものに出来るか試行錯誤するのが、とても楽しかった。そういった体験があったので、ナレーションというものにいずれはチャレンジしてみたかったんです。

先輩たちの仕事 | NHK RECRUITING SITE

とナレーションに惹かれた理由を語っていました。

広告

和久田麻由子の生い立ち|まとめ

和久田麻由子さんの幼少期から学生時代・東大入学・卒業、NHK入社までを見てきました。

幼少期の頃に、お祖父様が庭を手入れするのを見て育ち、お兄さんとプールで思いっきり遊ぶ。お祖母様かお母様から習った編み物を小学生で習得して、中高は女子大最難関の一つ女子学院で自由な校風の中、伸び伸び育つ。

高校は演劇部、大学はラクロス部のマネージャーと熱心に取り組む。

そんな天真爛漫で、一生懸命な人柄が感じられました。

今後の将来がますます期待される和久田麻由子さんです。

広告