吉岡里帆 ドラマ『カルテット』で魅せた演技力

Sponsored Link

吉岡里帆 ドラマ『カルテット』で魅せた演技力

2017年1月17日から3月21日まで火曜夜TBSで放送されたドラマ「カルテット」。

松たか子さんが主演、椎名林檎が主題歌を担当しました。

ストーリー

カラオケボックスで偶然出逢った巻真紀(早乙女真紀、本名:山本彰子/松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森諭高(高橋一生)、別府司(松田龍平)は、それぞれ弦楽器奏者として夢を諦められない30代のアマチュア演奏家。この4人が、週末をメインに軽井沢の別荘で弦楽四重奏団「Quartet Doughnuts hole」として活動する模様を描く。
それぞれ抱えていた秘密が解けて行くごとに結束力も強くなる4人。最終回を前にして真紀が、戸籍を購入し別人に成り済ましていたという最大の秘密が露呈した。彼女が、警察に連行されたことをキッカケに、カルテットは解散の危機を迎える。それから1年後、世間のバッシングの中、真紀を迎えに行く3人。そして再び4人となったカルテットは、疑惑の人物たちとしての話題性を利用してコンサートを開く。帰る人も多かったが、大盛況でコンサートは終了する

Sponsored Link

吉岡里帆が演じた「来杉有朱(きすぎありす)」の魔性とは?

よくいる男性をたぶらかすような魔性な女とは違って、有朱は破壊的な方の魔性の女。どこにも馴染めないで孤立してきた子なので、同じようにはみ出し者だったカルテットの4人が仲良くやっているのを見て、破壊したいと思っているんです。”小学校のときはいつも学級崩壊させていた”という過去のエピソードには、「カルテットを崩壊させるぞ」みたいな暗示も含まれていたり…。
有朱が担っているキャラクターの役割自体が、面白いなと感じています。

来杉有朱は、真紀たちのカルテットが定期的に演奏を行っているライブ・レストラン「ノクターン」のアルバイト店員です。

元地下アイドルで、どこかミステリアスな雰囲気を帯びた女性で、
接客業ゆえに、常に笑顔なのですが、その目は全く笑っていない…という役柄。

吉岡里帆「カルテット」演技へのみんなの反応

https://twitter.com/koma_kj8/status/1187708914508296192?s=20
Sponsored Link
https://twitter.com/QpktI/status/1185693601214296064?s=20

みんなの反応を見ていると、かなり「カルテット」での吉岡里帆さんの演技は、良かったようですね!

顔がかわいいので、少しクセのある役の方が引き立つという意見が多いのかなと思います。

椎名林檎さんと、吉岡里帆さんの再会を最後に♪

Sponsored Link