宮沢氷魚の父は宮沢和史。名前の由来や父との思い出は?

モデル出身でイケメン俳優の宮沢氷魚さん。
父親はなんとあのTHE BOOMの宮沢和史さんだったんですね!

氷魚という珍しい名前の由来や、お父様との思い出話などに迫ってみます!

Sponsored Link

宮沢氷魚 プロフィール

名前宮沢 氷魚
生年月日1994年4月24日
出身地アメリカ・カリフォルニア州・サンフランシスコ
身長184cm
趣味旅行・野球・釣り
特技英語(日本語と英語のバイリンガル)
両親父:宮沢和史 母:光岡ディオン
職業モデル(MEN’S NON-NO専属モデル)・俳優
所属レプロエンタテインメント

2015年〜MEN’S NON-NO専属モデルとして活動
2017年 テレビドラマ「コウノドリ」で俳優デビュー
2019年映画「 賭ケグルイ」
2019年ドラマ「偽装不倫」
2020年映画「his」公開予定

Sponsored Link

宮沢氷魚 名前の由来

地球の歩き方より

宮沢氷魚というのは本名のようですね。氷魚と書いて(ひお)と読みます。

氷魚は、あゆの幼魚のことを言います。滋賀県の琵琶湖のものが有名です。

ほとんど半透明白色で、長さ約二〜三センチ。

釣り好きの宮沢和史さんが、つけたそうです。

透明感のある魚で、こんな綺麗な透明感のある大人になってほしいという願いが込められているのかもしれませんね。

宮沢氷魚 デビューのきっかけは?

宮沢氷魚さんが芸能界を意識するのは、学生時代。父親である宮沢和史さんのライブを久しぶりにみに行った時のことでした。

『数時間で何千人もの人を感動させることができる仕事をしているんだ!』と目の当たりにして、『僕もいつか…』と思いました。

クランクイン!

アメリカ留学をしている時にその思いはさらに強まったようで、

『今後、自分はどうしていくのか?』と考える時間がたくさんありました。やっぱり芸能界に挑戦したいと思って、自分で調べて、今の事務所にアメリカから履歴書を送りました。

クランクイン!

父親のことは面接では一切話さなかったそうです。

Sponsored Link

宮沢氷魚 父との思い出エピソード

宮沢氷魚さんのお父様は、THE BOOMの宮沢和史さん。

「父は仕事柄家をあけることが多かったです」と宮沢氷魚さんが語られているます。

そうですよね。人気バンドで、全国ツアーなんかもありますし。

だけど、人生のターニングポイントに差し掛かったときは、必ず父がそばにいたなと振り返ってみて思います。

この仕事を始めるときに最初は反対していましたが、僕がやりたいと言ったときには一番応援してくれて

父は思いをあまり口に出さないタイプだけど、僕が悩んでいるときは欲しい言葉をくれるし、お互いにちょうどいい距離感を保ちつつも、本当に必要なときには近くにいてくれる存在です。

ナタリー

確かに、宮沢和史さんってあまり多くを語らないイメージですけど、その分語られる言葉には、深みがあるという感じがしますよね。

父・宮沢和史からかけられた言葉

初めてドラマに出演したときに、不安で台本から離れられず落ち込んでいたら「自分が持っている力を信じて。それ以上のことをする必要もないし、しようと思ったら空回りするから」と言ってもらえてかなり救われました。「自信を持て」「謙虚にいなさい」は、いまだに会うたびに言われます。

ナタリー

父・宮沢和史との共通の趣味は釣り

釣りに行くことですね。小さな頃から奥多摩、上野原、山梨あたりに毎年行っていて。釣りは会話がほぼないところがいいんですよ。魚がおびえて逃げないように、朝から夕方までなるべく静かに釣り糸を垂らして、帰りの車の中でやっといろいろと話すというほのぼのとした感じを楽しんでいます。

息子と車で釣りに行くってもうそのままCMになりそうなシチュエーションですが、いい親子関係なんですね♪

今後の活躍がますます楽しみです!

Sponsored Link