【動画】菅田将暉と小松菜奈|顔ぺろからのキスシーン他『溺れるナイフ』

俳優菅田将暉さんと女優・小松菜奈さんの熱愛が発覚しました。

この二人と言えば、「溺れるナイフ」という人もいるくらい印象的な映画でしたが、この映画の中での顔ペロからのキスシーンがとっても印象的でした!

広告

(動画)菅田将暉と小松菜奈のキスシーン①

『溺れるナイフ』での顔ぺろからのキス

あらすじ

『溺れるナイフ』あらすじ
15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。
退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような“閃光”と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将暉)だった。

傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。
失われた全能感、途切れてしまった絆。
傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは―。
映画『溺れるナイフ』公式サイトより

菅田将暉・小松菜奈の顔ぺろからのキスシーン

顔ぺろからのキスは監督たっての希望だった!?

顔をぺろっとナメてからのキスシーン。監督たっての希望ということでした。

映画を見たファンの間では、小松が飲んだジュースがこぼれた口元を菅田がなめる“顔ペロ”からのキスシーンが「超絶ヤバイ」と話題となっており、

菅田は「原作通りで、(山戸結希)監督も好きなシーンなので忠実にやっただけだけれど、超で絶なら良かった」と満足げ。

そして、「でも、やられたい放題で、よく文句言わなかったよね」と水を向けられた小松も、「監督独特の表現の仕方なので、受け止めるしかなかった」と女優魂をのぞかせた。

映画.com

自由で傍若無人なコウらしいキスでしたね。

広告

(動画)菅田将暉と小松菜奈のキスシーン②

水中でのキスシーン

水中でのキスシーン、とてもキレイでしたね。

ただ、水中でのキスシーン、撮影は大変なこともあったようです。

菅田将暉コメント
「もちろんダイバーさんは待機していたので、安全は保障されているものの、台風直前の海なので荒れていた。寒かったし」

小松菜奈コメント
「制服なので重いんですよ。重りもつけているので」


とにかくハードな撮影だったそうです。和歌山県の海で、17日間というタイトなスケジュール、台風も近づいていて海は荒れていて・・・
結果、みんなに大きな印象を残す作品になったのですね。

広告

(動画)菅田将暉と小松菜奈のキスシーン③

唾吐きかけキスシーン

このキスも傍若無人なコウらしいキスをということで監督からのオファーでした。

菅田将暉コメント
「監督に『コウちゃんらしいキスが見たい。顔面につばを吐いてくれ』と言われて、そのときは(小松さんに)『じゃあ、つばを顔にかけるね』と言って演じて、そこに全然違和感を感じてなかった。ハードなことをできたのは、この組だったからだと思う」ーnatalie.muより


菅田将暉さんの存在感あってのことだなって思いますね。

広告