明石商水上桂から見た星稜奥川恭伸と大船渡佐々木朗希の凄さ

2019年10月17日に開催されるプロ野球ドラフト会議。

今年の1位指名は、佐々木朗希選手(岩手県・大船渡)、奥川恭伸選手(石川県・星稜)の両右腕に指名が集中する可能性が高いと言われています。

佐々木朗希選手は高校生最速の球速163キロを誇る投手。

奥川恭伸選手は、高校生にして完成度が高く即戦力との声が高い注目の投手

U−18の日本代表で、二人の球を受けた明石商業のキャッチャー水上桂選手が二人のすごさを語っています。

Sponsored Link

水上桂から見た、佐々木朗希の凄さ

Number.web

佐々木朗希 プロフィール

佐々木朗希(ささき ろうき)
生年月日:2001年11月3日(17歳).
身長:190cm/体重:86kg
出身地:岩手県
経歴:高田小 – 猪川小 – 大船渡一中 – 大船渡高

水上桂が見た、佐々木朗希の凄さ

ヤフーヘッドラインニュースより

水上桂選手がまず語ったのは、スピードの凄さ。
150キロは経験があったものの、160近くを出してくる佐々木選手のボールに受ける水上選手は、衝撃だったようです。

「普段も(最速151キロ右腕の)中森(俊介)のボールを受けていますが、とにかくすべてが衝撃でした。中森のボールを受け始めた頃、左手の指の付け根が腫れてしまったんですけれど、佐々木のボールを受けた時、あまりのスピードに人差し指が飛んだかと思いました(笑)」。

Timely!web

しばらくは、指が腫れて、ちゃんと補給できるのか心配だったそうです。

それ以上にさらに驚いたのが、球質の凄さ。同じストレートと言っても、そこには違いがあることを体で感じることになります。

「一番驚いたのは、やっぱり球質です。ストレートに関しては中森の151キロと、日本代表になったピッチャーの151キロはキレや伸びが全然違いました

Timely!web
Sponsored Link

水上桂が見た、奥川恭伸の凄さ

日刊ゲンダイより

奥川恭伸 プロフィール

奥川恭伸(おくがわ やすのぶ) 
生年月日‎:2001年4月16日(18歳)
出身地‎:石川県
身長:183cm/体重:84kg
経歴:‎宇ノ気ブルーサンダー(宇ノ気小) – 宇ノ気中- 星稜高

水上桂が見た、佐々木朗希の凄さ

高校野球ドットコムより

まず、スライダーのキレに驚きます。

最初は(スライダーを)まともにとれませんでした。中森の変化球はある程度予測して構えられるんですけれど、奥川君のスライダーは曲がりすぎて、一瞬浮いてくるんです。あんなスライダーは初めて見ました。自分は的で構える方なのですが、奥川はここというところにちゃんとボールが来るんです。力を抜いて投げている訳でもないのに…」

Timely!web

そして、マウンドにいる時の姿勢にも感銘を受けます。ピンチでも周りを見て、積極的に声を掛けるその姿勢に感銘を受けたそうです。

「カナダ戦でホームランを打たれた後も、野手にまめに声を掛けていました。だいたいはホームランを打たれたら下を向いて何も言わずに投げて、ベンチに戻るんですけれどね。あれだけ声を掛けられたら、野手も“任しとけ!”って気持ちになりますよね

Timely!web

以上、水上桂選手から見た二人の凄さをご紹介しました。

ドラフトの結果が注目ですね♪

Sponsored Link