高畑充希は歌上手い?衝撃の「紅」に始まる歌一挙まとめ!

女優の高畑充希さんが歌が上手いと話題です。
女優で演技もできて、歌も上手なんてすごい!

調べていくと、なんと歌手でもデビューしていました。
それは上手いはず。早速歌動画をみてみましょう♪

広告

衝撃だった高畑充希「紅」

2018年の6月に公開されたdocomoのCM。
高畑充希さんが、XJAPANの「紅」を歌って大きな話題になりました。

=======
紅に染まった
この俺を 慰める奴はもういない
もう二度と届かないこの思い
閉ざされた愛に向かい
叫びつづける

ー「紅」より
=======

これがご縁なのが、高畑充希さんはXJAPANのライブに行き、YOSHIKIさんとツーショットをインスタで披露されていました!

ラインニュースより
広告

高畑充希 「みつき」名義で歌手デビューしていた

高畑充希 歌手活動の際の名前は「みつき」

公式サイトより

1stアルバム「COLOR」
小渕健太郎さん(コブクロ)、馬場俊英さん、川嶋あいさん、竹内まりやさん、矢井田瞳さん、佐藤竹善さん・藤田千章さん(Sing Like Talking)、堂島孝平さん、河口恭吾さんら豪華なアーティスト達が楽曲を提供しています。

コブクロ小渕 高畑充希に楽曲提供

高畑充希さんの歌手活動最初のシングル「大切なもの」
コブクロの小渕健太郎さんがプロデュースしています。

竹内まりや 高畑充希に楽曲提供

竹内まりやさんが、高畑充希さんに曲を提供しています!

タイトルは、「夏のモンタージュ」

まりやさんらしい楽曲です♪

こんなにたくさんのアーティストの方が曲を提供してくれるというのは、もちろん事務所の力もあるとは思いますが、彼女なら歌えるなと思ってもらえるからですよね!

そう思うとやっぱり歌が上手いと評価されているということでしょうね♪

広告

高畑充希 ピーターパンを6年務める

高畑充希さんのピーターパンの動画はこちらから▼▼▼

https://youtu.be/RclxlIhJRTs

高畑充希さんは、ブロードウェイミュジカル『ピーターパン』の第8代ピーターパン。初代は、榊原郁恵さんです。

「1回3時間公演を毎日2ステージで、半分いじめみたいなスケジュールで、私は15歳から20歳までやらせていただいたのですが、楽しいですし、嬉しいんだけど、体がついていかないということがあったのですが、子供たちがキラキラした目で見てくれているので、気合いでなんとかなるなと思った。」

「卒業して以来、仕事で体力的に辛いと思ったことがない。」

とピーターパン時代のことを振り返って語っていました。

ブロードウェイミュージカルである以上、歌は必須、この体験は、とても大きなものだったのではないでしょうか?

高畑充希 CHOYA ウメッシュCM

広告

映画『ひるね姫』主題歌

「デイ・ドリーム・ビリーバー」

「ひるね姫」でヒロイン、ココネの吹き替えを担当した高畑充希さん。主題歌も担当されました。

高畑充希さんは、当初この曲の印象としては、「忌野清志郎さんの印象が強かったので、カバーするには勇気がいる曲だと思いましたし、私でいいのかなという気持ちはありましたが、ココネとして楽しく歌わせていただきました」と語っています。

オリジナルはこちら▼▼▼

高畑充希 椎名林檎を歌う

高畑充希さんはCMでたくさん歌を披露していますが、かんぽ生命のCMで椎名林檎さんの歌を披露しています。

広告

高畑充希 松田聖子と歌声披露

ここまでくると、もう歌が上手いのは、明白な感じですね♪

女優で演じることもできて、歌も歌手としてアルバムを出すほどに上手い高畑充希さん。

ミュージカルや、アニメの声優、演技に、歌と今後も様々に活躍の場を広げていかれるのではないでしょうか?

高畑充希さんの新しい歌のシーンもこれからまだまだ楽しみです!

広告