錦織圭が痩せた原因は病気?過去写真と比較!ウーバーイーツCMに騒然!

錦織圭さんがウーバーイーツのCMに出演していますが、その姿が痩せすぎと話題です。

2019年の夏頃には、呼吸がしづらいと体調不良を訴えていたこともある錦織圭選手、痩せたのは病気のせい?と心配の声も。調べてみました。

Sponsored Link

錦織圭が痩せすぎ(ウーバーイーツCM)

まずは、錦織圭さんが痩せすぎだと話題になったきっかけのウーバーイーツのCM。こちらがそのCMです。

何でしょうか。見るからに痩せていると感じる写真ですね!

目が窪んで頰もこけているように見えます。首から肩にかけてや胸周りが随分痩せて見えますね。

ちなみに筋力アップをはかり、体幹強化を行なっていた2015年の錦織圭選手はこちら

Sponsored Link

錦織圭が痩せた原因は病気?

錦織圭は以前「声が出ない」と体調不良を訴えていた

サンスポ

錦織圭選手が、「呼吸がしづらい状態が続いている」と体調の不良を訴えたのは、2019年7月

ウェスタン&サザンオープンの大会で2回戦で敗退した時でした。

ウィンブルドンの後から呼吸がしづらい状態が続いているので、検査してみないといけないと思う

サンスポ

その後、2019年8月23日ニューヨークで会見に臨んだ際には、体調を聞かれた錦織圭選手「治っていると思う。たぶん大丈夫」と答えています。
スポーツ報知

なので、ひとまずこの呼吸しづらい状態は脱したようです。

2015年の錦織圭(画像)

先ほど取り上げた写真。こちらは2015年9月の錦織圭選手の写真です。
腕や胸板の厚みも今よりありますよね。

女性自身より

この頃の食事は、「1日8食で4500kcal摂取」がノルマだったそうです。

実は、錦織選手は食が細いらしく、一度にたくさん食べることができなかったために『1日8食』にしたそうです。

朝昼夜は主食に主菜3品、副菜3品、汁物1杯、果物1品を食べ、さらに5回ほど間食で補っていたんだとか。

「試合開始5時間前にはパンを食べて、2時間半前にはパスタを半人前、そして30分前には栄養補助食品を摂取するなど、すべてが決められています。試合後は2時間以内にプロテインとパンなどを摂ることで身体へのダメージを最小限に抑えるそうです」

女性自身

明確に体を大きくしてパワーを強くするということを目指した体づくりに励んでいた時期です。

Sponsored Link

2016年の錦織圭(画像)

そのおかげもあってか錦織圭選手は、順調に結果を出します。

●2016年の全米オープンはマレーを破りベスト4進出を決めました。
●2016年のリオデジャネイロオリンピックではナダルを破り銅メダルを獲得。

2017年の錦織圭

しかし、2017年は錦織圭選手が手首の怪我でシーズンを欠場することに。

マネージャーの発表によれば、MRI検査を行った後、MLBの数々の投手を診察してきた手首の権威の診断を受け、右手の腱の一つに裂傷が確認されたという。現時点では手術を避け、痛みの度合いを見ながら今後の治療方法を判断することになるとしている。

ライブドアニュース

この頃から右ひじの故障の問題を抱えていたわけですね。

Sponsored Link

錦織圭が痩せたのは右ひじ手術の影響?

錦織圭さんは2019年10月22日に故障した右ひじの手術を受けています。

11月1日には無事抜糸も済み、回復は順調ということですが、今までと同じような筋トレができなかった可能性も

そういった点で筋肉が落ちている可能性はありますね。

2012年の錦織圭

こちらは2012年の写真です。胸板に厚みがあるのがわかります。

2009年に右ひじの故障で活動休止を余儀なくされた時期があったが、2012年に復活して全豪オープン男子シングルスのベスト8入りを果たします。

この時錦織圭さんが取り組んでいたのが、体力とパワーの強化でした。

いろんな人からプレイが変わった、ひと回り大きくなったと言われて思い当たるのは、上半身のビルドアップと、体幹を強化したことです。重みのあるボールを打つために、ウエイトトレーニングで筋力をつけて、パワーアップを図りました。とくにサーブをパワフルにすることが目標でした。
 そしてパワーだけでなく、それをいかに使うか。アスリートの室伏広治さんにシカゴ在住のトレーナー、ロビー・オオハシ氏を紹介していただき、体幹強化の指導を受けました。

Sponsored Link

錦織圭は回復して東京オリンピックで復帰できる?

錦織圭選手は手術後、12月頃はまだ傷口の痛みがあると言われていました。

12月初めの時点では、手術の傷口に痛みが残っていたが、錦織はようやくゆっくりラケットを振れるようになったという。普段使っているものより軽いラケットで、スポンジボールを打ってリハビリに努め、12月後半ぐらいから、通常のテニスボールを打てればいいと語った。

錦織圭選手自身が復帰についてこんな風に語っています。

「また強くなって戻って来られたらいい。ケガからしっかり復帰して、決して焦らず、夏頃には体もいい状態で、自信もしっかりつけて臨めるようにしたいです」

東京オリンピックかUSオープンあたりの復帰を念頭に置いているのだと思います。

2019年の12月25日に投稿された錦織圭選手の写真です。
腕はまだ細いように見えますが、胸板の厚みは感じられますね。

2019年11月24日にはこんなスーパーショットも

順調に回復するのを待ちたいですね!

Sponsored Link