リーチマイケル 日本のラガーマンを世界に!W杯優勝は日本への恩返し

ラグビーW杯日本代表のキャプテン、リーチマイケルさん。

彼は、15歳で交換留学生として初めて日本に来てからはや15年。

リーチマイケルさんは、日本人の女性と結婚し、日本に帰化。

今や、日本代表のキャプテンとして、チームを率いる存在に。

「日本に恩返しをしたい」そう語る彼の想いには何があったのでしょう?

Sponsored Link

リーチマイケル「日本のラガーマンを世界に」

情熱大陸より

リーチマイケルさんは、海外で日本のラガーマンに対するリスペクトが少ないことを残念に感じていました

「日本のラガーマンは、どこの国のラガーマンより、努力しているし、力もある。

日本のラガーマンが海外でリスペクトされるように、それをずっと思っていた。」

Sponsored Link

リーチマイケル 15歳の初来日

情熱大陸より

リーチマイケルさんは、15歳で交換留学生としてニュージランドから北海道の高校にやってきました。

当時は、まだ体も小さく、全くチームで貢献できなくて悩んでいるような学生だったそうです。

ラグビーの聖地、花園に出場することは出来たものの、目立った活躍はできなかったそうです。

それでも、一人体つくりのためにたくさんご飯を食べたり、筋トレをしたりと寡黙に努力していたのを当時の恩師が語っています。

リーチマイケル 帰化のきっかけ

リーチマイケルさんが日本に帰化するきっかけ、日本に恩返しをしたいと思うようになった最初のきっかけとも言えることが、高校生の時におきます。

それは、ニュージランドにある実家が火事で全焼してしまったこと。

家族は無事でしたが、家が無くなってしまったのです。

そんな時、リーチマイケルさんの高校の友人や先生たちが募金を呼びかけてくれて、家を立て直すお金が集まったのでした。

リーチマイケルさんが深く感謝する大きなきっかけとなりました。

Sponsored Link

リーチマイケル「日本代表はダイバーシティを実現している」

ラグビー日本代表には、たくさんの外国人選手がいます。

その姿を見て、日本代表じゃないみたいだという人もいるだろうという前提で、記者が尋ねたことがありました。

それにリーチマイケルさんは、このように答えています。

「それが今の日本だからです。僕が15年前日本に来た時は外国人はまだ珍しかった。だけど今は違う。・・・ラグビー日本代表の姿は日本の現実だし、未来を先取りしている。ダイバーシティの大切さを社会にアピールできる存在なんです。」

リーチマイケル プロフィール

生年月日1988年10月7日(30歳)
出身地ニュージーランド クライストチャーチ
身長190cm
学歴札幌山の手高校→東海大
所属東芝ブレイブルーパス

日本を世界でリスペクトされるチームに。

リーチマイケルさん率いる日本代表のこれからを応援していきたいと思います!

Sponsored Link