常田大希の兄は東大卒でバイオリニストの超絶イケメン!

King Gnuの常田大希さんのお兄さん、実は東大卒でとってもイケメンなんだとか。

どんな人なのか早速みてみましょう!

広告

常田大希の兄のプロフィール

popularclassics.jpより

名前:常田俊太郎

1990年、長野県生まれ。
東京大学工学部卒業
戦略系コンサルティングファームのプロジェクトマネージャーを経て
音楽家やクリエイターの活動を支援するアプリ「utoniq」を手掛ける、ユートニック代表取締役

広告

常田大希の兄・俊太郎はバイオリニスト

常田大希さんのお兄さんの俊太郎さんは、4歳の頃からバイオリンを習っていました。

過去には、このような受賞歴も。

■第17回⽇本クラシック⾳楽コンクール全国⼤会5位⼊賞
■第60回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門東京大会入選
■第9回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールジュニア部門全国大会第3位

高校生の頃までは、コンクールや全国大会に出るなど、音楽を本格的にされていましたが、進路を考えるにあたって音楽家ではない道へ。

それで東大というのですから、すごいですよね。

広告

常田大希と兄・俊太郎は音楽でもコラボ

常田俊太郎さんは、大希さんのレコーディングで演奏をしたり、ウェブサイトを作ったりと、できることはいろいろ手伝ったりもされていたそうです。

そんな弟や、音楽の道へ進んだ友人たちを応援したいと思って起業したのが、音楽家やクリエイターの活動を支援するアプリ「utoniq」を手掛ける、ユートニック。

コンサルタントとして様々な業界を経験するなかで、自分は本当は何をやりたいんだろうと考えたときに、やはり音楽とかアートの領域だなと。もちろんそのほかの分野もいろいろ考えたんですけど、壁にぶち当たったときに、強い思い入れがある分野でないとそこで心が折れちゃうんじゃないかなと思って。じゃあ、それでも心が折れない分野って何だろうと思ったら、音楽しかなかった

音楽主義

弟は東京に出てきてずっと音楽をやっていて、全然違う世界ではあったんですけど、ちょくちょく接点はあって。レコーディングで演奏をしたり、ウェブサイトを作ったりと、できることはいろいろ手伝ったりもしてました。あとは、King Gnu以外でも、楽器をやっていた仲間で音楽の道に進んだ人はたくさんいるんです。ただ、やっぱりとても厳しい世界でもあって。自分も行ってた道だったかもしれないので、今の立場だからこそ応援できることをやっていきたいと思ったんです。

音楽主義

音楽を本格的に学んできたからこその、決断。
アーティストにとっても素敵な展開になることを願っています!

広告