染谷将太の信長は似合わない?浦島太郎からサイコパスで評価が激変!

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」。長谷川博己さんの光秀像がモテすぎだと話題ですが、ここにきて、染谷将太さん演じる信長が新しいと話題です。

最初、丸顔・童顔の染谷将太さんがなぜ信長なのか?と疑問に思う人も多かったようですが、ついにその謎が解けた人が続出。

新しい信長像確立になりそうです。

広告

染谷将太の信長(麒麟がくる)は似合わない?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀に本能寺の変で破れる主君織田信長を演じるのは、俳優・染谷将太さん。

初登場シーンでは、その意外な見た目に、信長役似合わないのでは?との意見が。

染谷将太の信長は見た目が浦島太郎?

初登場シーンの染谷将太さんの信長像です。

sky
浦島太郎みたい。。。

この初登場に、「浦島太郎みたいだ」と感じた人は多かったようです。

過去に信長を演じて、特に人気だったお二人が、市川海老蔵さん豊川悦司さん

リアルサウンドより
(うつけと呼ばれた信長の風貌をよく表しています)
オリコンニュースより

どちらも少し面長で、精悍な目つき・顔つきの信長像でしたね。
衣装も南蛮由来の衣装を身につけ、時代の先を行っていた信長らしい衣装となっています。

こういった方々と比べて、童顔で丸顔の染谷将太さんの信長が、違和感を持って受け止められたのもやむを得なかったのではないかと思います。

広告

染谷将太の信長の評価が激変?浦島太郎からサイコパス信長へ

染谷将太の信長がサイコパスすぎる!?

こんな初回の違和感で始まった染谷将太さんの信長でしたが、回が進み第9回「信長の失敗」で評価が激変する事態に。

父・信勝へ祝言の手土産に松平弘忠の首を持参した信長。

父の逆鱗に触れ、怒られて涙目に。「喜んでくれると思っただけなのに」と。

浦島太郎感はどこへやら。この信長、実はすごいサイコパスなんじゃ?という感想を視聴者に与えました。

ツイッターより
(意気揚々と運んできた信長)

なぜ、染谷将太さんが信長に抜擢されたのか?その謎がわかったと感じた視聴者が多かったようです。

染谷将太の信長はどう役づくりした?

これまでは、「うつけもので、ちょっと荒くれ者で、カリスマ性があるけど、謎。得体の知れない、化け物感みたいなもの」を感じていたという染谷将太さん。

今回信長を演じるに当たって、こんなコメントをしていました。

染谷将太のコメント
「ピュアすぎるがゆえに狂気的に見えてしまい、周りからは理解されず、孤独になっていく人物。ぶれないピュアさを根底に持っていますので、それを死ぬまでずっと持ち続けたい」

サイコパスと言うより、アダルトチルドレンでは?と言う意見も。

丸顔・童顔・浦島太郎感から一転の、サイコパスのような無感情、親に喜んで欲しかった孤独なアダルトチルドレンという、新しい信長像が、染谷将太さんの演技で生まれていくのでしょうか。今後の展開にも注目です。

広告

染谷将太のプロフィール

スポーツ報知より
プロフィール
名前:そめたに・しょうた
生年月日:1992年9月3日
出身地:東京都
2001年映画『STACY』でデビュー
2011年『ヒミズ』でベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)受賞。

■主な出演作品
『パンドラの匣』(2009)
『寄生獣』(2014)
『さよなら歌舞伎町』(2015年)
『バケモノの子』(声優)(2015年)
『3月のライオン 前編』(2017年)
『空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎』(2017年)
『聖☆おにいさん』(2018年)

広告