氷川きよし20年の受賞歴と浜崎あゆみへのライバル心

2019年アニメソングの限界突破サバイバーで、ビジュアルを大幅にイメージチェンジしてきた歌手の氷川きよしさん(42歳)。

2019年は氷川きよしさんにとって20周年という節目の年で、とても大きな変化・飛躍になったのではないでしょうか?

20周年の氷川きよしさんの変化・活躍を、受賞歴と画像で振り返ると共に、実は賞レースの中で浜崎あゆみさんにライバル心があったことについても。

広告

氷川きよし22歳 「箱根八里の半次郎」2000年

22歳のデビューしたばかりの頃の氷川きよしさん。
「やだねったらやだね〜」のフレーズで大ブレイクしました。

第33回日本作詩大賞の大賞を受賞。100万枚を突破する大ヒット曲に。

2000年レコード大賞の最優秀新人賞を受賞
広告

氷川きよし24歳「きよしのズンドコ節」2002年

今尚、歌い継がれる代表曲の1つとなった「きよしのズンドコ節」。
「ずん・ずん・ずん・ズンドコ」「き・よ・し!!!」の合の手は頭にずっと残るほどの名フレーズとなりました。

第44回 日本レコード大賞で金賞受賞。

氷川きよし25歳「白雲の城」2003年

第36回日本有線大賞で大賞及び最多リクエスト曲賞受賞。
第45回日本レコード大賞で金賞受賞。

広告

氷川きよし26歳「きよしのドドンパ」2004年

第42回ゴールデンアロー賞グランプリ獲得。

ゴールデンアロー賞
一般社団法人日本雑誌協会の日本雑誌記者会・芸能記者クラブにより設立された、その年の芸能界に大きく活躍した芸能人に贈られる賞

いかに大活躍だったかがわかる賞ですね。

第37回日本有線大賞で大賞(2年連続)及び最多リクエスト曲賞受賞。
第46回日本レコード大賞で金賞受賞。

氷川きよし27歳「初恋列車」2005年

■第8弾シングル「初恋列車」がオリコンシングル総合チャート初登場1位
第22回ベストジーニスト賞2005を受賞(一般選出部門)
第38回日本有線大賞3年連続大賞(3年連続大賞受賞は史上2人目)及び最多リクエスト曲賞受賞。
第47回日本レコード大賞で金賞受賞。

広告

氷川きよし28歳「一剣」2006年

第48回日本レコード大賞で「一剣」が大賞受賞。演歌の受賞は13年ぶり。

氷川きよし29歳「きよしのソーラン節」2007年

■ベストヒット歌謡祭2007でゴールドアーティスト賞(演歌・歌謡曲部門)受賞。
第40回日本有線大賞で大賞受賞。通算4度目の大賞受賞は史上初の快挙。
また最多リクエスト曲賞、最多リクエスト歌手賞も同時受賞。大賞を併せた三冠は史上初の記録。

広告

氷川きよし30歳「哀愁の湖」2008年

ベストヒット歌謡祭2008でゴールドアーティスト賞受賞。

氷川きよし31歳 2010年カレンダー 2009年

■10周年記念シングル「浪曲一代」がオリコンシングル総合チャート初登場1位。「ときめきのルンバ」オリコンシングル総合チャート初登場1位。
第42回日本作詩大賞で「ときめきのルンバ」が大賞受賞。

■第42回日本有線大賞で大賞受賞。通算5度目の受賞は史上初。

広告

氷川きよし34歳「最後と決めた女(ひと)だから」2012年

キリッとした表情から柔らかな表情に変わってきていますね。

第45回 日本有線大賞 大賞

氷川きよし35歳「満天の瞳(ほし)」2013年 

第46回 日本有線大賞 大賞 ※史上初、8度目の大賞受賞。

広告

氷川きよし36歳 2015年カレンダー 2014年

氷川きよし37歳 2016年カレンダー 2015年

ワイルドな雰囲気の氷川きよしさん。もうすでに演歌ではTOPの人気で不動の1位に君臨している時期。自信がみなぎっているように見えますね。

広告

氷川きよし39歳 2018年カレンダー 2017年

演歌のプリンスの氷川きよし像そのものという感じ。
2017年はまだ求められる「氷川きよし」に務めていたんですね。

■第50回日本有線大賞で大賞を受賞。(大賞は9度目)

ですが、この時、40代になったら、違う自分にもチャレンジした胃ということをすでに語っていました。

氷川きよしコメント
今後は自分のイメージと違うようなことにもチャレンジしたい。全然違う氷川きよしも見ていただきたいと思う。歌い手は作品によって雰囲気もイメージも変わるので、40代にしか表現できないような楽曲にもチャレンジしたい。日本人なので、日本人としての思いを伝えていく中心が演歌ですが、ひとつの形にとらわれずにいろいろなことを伝えられるように、多くのことにチャレンジしていきたい。10年20年後の夢に向かってしっかりと頑張りたいと思う」

m-on-music.jp

すでに40代に向けて思いはかたまっていたのかもしれませんね。

「ドラゴンボール超」オープニング曲「限界突破Xサバイバー」が放送開始されたのもこの年でした。

氷川きよし40歳 2019年カレンダー 2018年

ここでガラッと雰囲気が変わります。
メイクの感じもどことなく女性的な気が。

前髪が、キリッとした眉を隠している分、くりっとした目と、カールのかかった髪が女性的な雰囲気を増している気がします。

「第69回NHK紅白歌合戦」デビュー以来19年連続出場

広告

氷川きよし41歳「大丈夫」2019年

そして、2019年、ここで一気に振り切ります。仕草も女性っぽい。20周年という節目に完全に自分らしさを前面に出していこうと決めた氷川きよしさんを感じることができます。

■第40回松尾芸能賞で優秀賞(歌謡)を受賞。

氷川きよし受賞の裏で浜崎あゆみへのライバル心

これほどたくさんの賞を受賞していた氷川きよしさんでしたが、ご自身の中では、違った思いも。

レコ大ではずっと浜崎あゆみさんと対決でした。自分も演歌では売れていても彼女がいつもごっそり持って行くので『どうしたら超せるか』衣装とかいろいろ考えました。ベストジーニストを浜崎さんと一緒に受賞した時があったんですが、それも『ジーニスト取りたい』と公言して、旅番組やロケでも絶対デニム着てました。演歌歌手でも取れたのがうれしかった。僕ね、浜崎さん大好きなんです。いつも後ろでずっと、羨ましく思って見てました。その時代の彼女の曲歌えますもん。一緒に出ている時は絶対CD買っていなかったけど『何で売れたんだろう』と思って買いました。聴くと歌もうまいし歌詞もいい。顔もきれい。カリスマ性を感じました」

スポーツ報知

確かに、浜崎あゆみさんも、年末の賞レースでたくさんの賞を受賞していましたね。

ジャンルは違えどライバル意識ってあったんですね。